〈石巻犬散歩〉支倉常長の銅像有【月の浦展望台】

石巻犬散歩 月の浦展望台

ドライブ中の休憩におすすめ!ひと休みに最適なスポット

石巻市街地と鮎川地区のほぼ中間にある、【月の浦展望台】に立ち寄ってきました。

飼い主です
牡鹿半島をドライブする時に、ちょうどいい休憩ポイントですよ♪

慶長18年(1,613年)仙台藩主伊達政宗の命を受け、支倉常長ら慶長遣欧使節がローマを目指して出帆した地。
港を見下ろす高台には、展望台、記念碑、宮城県出身の彫刻家佐藤忠良作の常長像などが建っています。

引用:支倉常長出帆の地 『月浦(つきのうら)』

月の浦展望台からの眺め
※月の浦展望台からの眺め。
残念ながら海は見えませんでした~季節が変われば見えるのかな?

支倉常長銅像
※支倉常長さんの銅像と一緒にパチリ♪

支倉常長は1570年(元亀元年)頃に、伊達家家臣支倉常成の子として生まれ、その後、伯父の養子になったと言われています。

豊臣秀吉の朝鮮出兵では渡航を経験し、伊達政宗公に従って戦いました。

引用:せんだい旅日和 特集

支倉常長の航海図 石碑
※支倉常長の航海図が書かれた石碑

政宗は1613年(慶長18)、支倉常長ら一行をスペイン領メキシコ経由でスペイン、ローマへと派遣しました。これが慶長遣欧使節です。政宗はメキシコとの貿易を望む幕府側とも連絡をとり合っており、この使節は、幕府も認めた正式な外交使節団でした。使節の目的は、スペイン国王に会いメキシコとの直接貿易の許可を得ること、ローマ教皇に会い仙台領内での布教のため宣教師の派遣を要請することでした。

引用:仙台市博物館

月の浦展望台 トイレ 自販機
※トイレと自販機もあります

飼い主です
写真撮り忘れましたが、東屋がありましたよ~!

月の浦展望台 地図
※石巻の見所チェックや、現在地の確認に使えそうですね

ニッパーさん
牡鹿半島をぐるっとドライブしたいな♪

牡鹿半島は海も綺麗で見ごたえがある所がいっぱい!

ドライブの休憩にも、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

展望台の基本情報

名称 月の浦展望台
住所 宮城県石巻市月浦字月浦地内
TEL 石巻市産業部観光課 0225-95-1111
営業時間 いつでも入場可能
※入場無料
休業日 無し
アクセス 車の場合
三陸道石巻河南ICから約35分
駐車場 ちょっとしたスペース有り

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました♥
白柴ニッパー みちのく犬連れガイド

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
トップへ戻る